HOME 研究会について 過去の研究会 会誌『白山人類学』 お問合せ リンク
 
 
 第2回白山人類学研究会

ブギス社会における性とトランスジェンダー−ビッスとチャラバイ−(仮題)

伊藤 眞(首都大学東京名誉教授)

□日時 2018年5月28日(月)18:15〜
□場所 東洋大学白山キャンパス 8305教室
       (地下鉄東京メトロ本駒込駅、または都営地下鉄白山駅)
       http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html        

□要旨
 南スラウェシのブギス人は、一般に、イスラーム信仰に篤い人々として知られるとともに、伝統的信仰と慣習を堅持していることでも知られる。そうした多様性を内包した信仰のあり方を、仮に「ブギス教」と呼ぶならば、そうしたブギス教の中心にあったのが「ビッス」と呼ばれる、しばしば宗教的両性具有として特徴づけられてきた儀礼祭司であった。今日、ビッスは、いくたびかの政治的変遷の中で、その社会的役割を大きく変えつつある。彼らに今日、期待される役割とはどのようなものなのか。それについて、ブギス社会におけるトランスジェンダーである「チャラバイ」との対比の中で考えてみたい。


※終了後、白山近隣で懇親会を予定しております。




白山人類学研究会世話人
代表:松本 誠一
運営委員: 山本 須美子 長津 一史 箕曲 在弘 寺内 大左
お問い合わせは、研究会事務局hakusanjinrui=gmail.com(=を@にかえてください) まで。
東洋大学社会学部社会文化システム学科 〒 112-8606 東京都文京区白山5-28-20 TEL 03-3945-7439 FAX 03-3945-7626
Copyright 2008 (c) Department of Socio-Cultural Studies, Toyo University.
All Rights Reserved. 無断転載を禁ず